2007年06月30日

スパニッシュコネクションが小樽に!

皆さんお久しぶりです。お元気でしょうか。
さて、今日はお知らせです。

スパニッシュコネクション(TVドラマ音楽などで活躍のユニット)
のライブが明後日7/2(月)小樽倉庫NO.1でご覧になれます。
飲食代のみですからかなりお得!!

出演は(今回5名編成です)
伊藤芳輝(flamenco guitar)
平松加奈(violin)
吉見征樹(tabla)
大渕博光(Cante,cajon)
伊藤寛康(bass)
敬称略

ステージ時間は
(1)19:00〜(2)21:00〜入れ換え無しです。

vnの平松さんには2004年の大晦日に小樽倉庫No.1のカウントダウン
イベントにご出演いただいたり、今年の5月だったか、飛澤さんとの
共演もあったそうで、ご縁があります。
かくいう私も昨年彼らのライブを札幌に聴きに行き、すっかり魅了
されたのでした揺れるハート
オリジナルのナンバーが多く、楽器編成も普段なかなか聴くことの出来ない
エキゾチックな編成です。

スパニッシュコネクションのホームページはこちら
http://www.spanishconnection.jp/

是非小樽倉庫NO.1へ足を運んでください手(チョキ)


posted by ゆにくら at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ゆにくら@大阪 報告 おまけ

実質おまけというには相応しくないのだが、
甲子園にて阪神対オリックス観戦させて頂いた。
見よ、この飛澤良一の満足げな顔を。

hannsinn.jpg

飛澤さんは知る人ぞ知る阪神ファン。
しかし私は普段野球にはさほど興味は無い。
観戦前にユニホームを着るよう義務づけられ、渋々承諾。

だがしかし、阪神がこれほど面白いとは実際観て驚いた!
しかもデッドボールのお陰とは言え勝ったので、ラッキーだった。
応援歌のユニゾンの美しいこと。

7回の攻撃で風船を飛ばす儀式があるのだが、これも凄い。

Image147.jpg
Image146.jpg

大阪を知るには「阪神」が一番でしょう。
posted by ゆにくら at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道帰還 報告その参

こうして、ゆにくら大阪初公演は、皆様の協力を十二分に頂き
無事終了したのでございました。

次の日、北海道に帰還。

しつこいようですが、皆様本当に有難うございました。
サポートチームの皆様、お世話になりました。
これほど人の想いを実感したことが過去にあっただろうか。

さらに次の日、小樽倉庫NO.1でまたライブがあった。
そう簡単に一皮むけたとはいかないが、ある意味新鮮だった。

反省として私はリーダーとしての素養がまだまだ足りないのと、
いわゆるライブハウスでの経験がより必要でしょう
ということに。

社会を生きる人間としても成長が必要だということですね。

つきなみではありますが、今後とも精進して参りますので
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

ゆにくら リーダー 長崎亜希子
posted by ゆにくら at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道帰還 報告その弐 セッション編

過去のトラウマ・・・

セッションといえば大抵はジャズ。
それはジャズをかじり始めたころに行き出したセッションでの事。
セッションリーダーが言った。

「あんたホントにジャズ好きなの?」

‥‥実はそんなに好きじゃなかった。

安易な考えでジャズを出来た方が喰えると思っていた。
しかしそれ程好きではなかった為、たいして探求心もなく何となくやっていた(今も)

-------------- 回想終わり。オチ無し。

さて、容赦無く時間は過ぎていく。

セッション1曲目〜♪

イントロ後、いきなり4本のクラリネットが グワ〜〜〜!と鳴った!


かっこいいソロが続く続くまた続く
打順が回ってきた、しかし長崎途中でコード見失い(単純な進行なのに)
路頭に迷う…・

そう、なぜなら私は適当星人

セッション2曲目〜♪
滝川氏の発案により、ギター飛澤の得意とするナンバーを。
鈴木さんのマイルドで良くまざる音色、
まるで話しているかのような滝川さんのソロ‥‥‥

セッション3曲目〜♪
枯れるどころか、山火事!

セッション4曲目〜♪
ここで私はベンチ。滝川、鈴木両氏による素敵な演奏。

セッション5曲目〜♪
実はこの曲、リクエストで事前にやると決めていた曲。
2cl用にアレンジされた楽譜もあった。
しかし滝川氏曰く「こんなん複雑やし面倒くさいからやめましょ」
しかし、この日の為に練習したのに〜とごねた。

うーん、すごかった。

ていうか大阪って楽しい♪

まだつづく・・・ 
posted by ゆにくら at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

北海道帰還


昨日ゆにくら大阪ライブを終え帰還致しました!
ご来場頂いたお客様、主催のサポートチームの皆様、有難うございます。
そして終演後のセッションでは滝川雅弘さん、鈴木孝紀さん、重城博一さん
この御3方に加わって頂き素晴らしいプレイを聴かせて下さいました。
この場を借りて御礼申し上げます。
また当日満席で入場出来なかったお客様には失礼致しました。

ライブの内容と反省を書いてみようと思うのですが・・・
ライブレポートを自分で書くのは難しいですね。

ちなみにサポートチーム代表節島様のブログにもライブの様子が書かれています。
こちらです → http://kafunsho.exblog.jp/

実はまだ録音を聴いていないのです。(自身の録音に失敗したため)
以下中継風に…・・ 

------------------------------------------------------

本番10分前、余裕を見せる飛澤、満席の図を目の当たりにして
直前にアワアワ状態の長崎
そして演奏開始前にサポートチーム代表節島さまよりご挨拶、始まりました!

♪ 1セット目、場数を踏んでいない長崎は緊張の為かやや守りに入った印象、
真剣な客席に圧倒されながらも、MCを通して次第に自分を取り戻す。
飛澤このセット最大の難関「パリ空」バッキングで腱鞘炎はピークを迎えるも
弾ききった!

♪ 2セット目、会場の空気にも少し慣れた。軽快な曲が続きテンポ良く進む、
しかし曲の配備が甘かったか、軽快に進みすぎたためあっという間に
「ゆにくら大阪ライブ」本編終了、何ともあっけない結末。

♪ 延長戦セッション、ついにきたセッション。
ここで、日本を代表するジャズクラリネット奏者の1人、滝川雅弘氏、続く若手
鈴木孝紀氏、京都から起こし頂いた重城博一氏に登場頂き、
   この御3方×ゆにくら 名付けて「交流戦」
ゆにくらメンバー 飛澤はジャズの経験もあるしセッションにしても場数は踏んでいるとおもわれるが、
長崎は過去のトラウマによりセッション恐怖症であった。(今も…)


つづく・‥…
posted by ゆにくら at 16:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

いよいよ大阪!

早いもので明後日大阪公演です。

いま、実は、かなり緊張していますョ・・・。

進捗は随時こちらで報告致します。こうご期待………!
posted by ゆにくら at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。